読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【どうして?】続編④&【誕生日】/【これからの自分】① 20170205

 

テーマ:
こんにちは!
 
 
【どうして?】
 

f:id:kingkazu121077:20170206000834j:plain

自分個人がいまネットにたずさわっているかについてです。
 
色々と、これからの未来について正直に
 
今、自分が想っていることを
 
ひとつひとつ整理しながら書き綴らせていただきますね!
 

自分個人にフォーカスして

いまネットにたずさわっているかについてです。

色々と、これからの未来について正直に

今、自分が想っていることを

ひとつひとつ整理しながら書き綴らせていただきますね!


1.現状改善

ひとつめにつきましては、

決して今の状態が悪いわけでありません。


むしろ、まわりの方たちに、恵まれていると感じています。

なのに何故?と思われると考えます。


しかし、今の自分の置かれている状況、

職場の現状、会社の体制、地方の現状、

日本の現状、世界情勢


すべてを総合して自分なりに考えてみると、

このままでは、いつまでも

自分の思い描いている未来が描けないと感じています。

 

 

2.過去

17年以上前に起こしてしまった仕事中の

高速道自動車、自爆事故で、

 

生きたくても亡くなってしまう方などもいる中で、


お葬式の用意までされた自分が生きているのは


まだまだ、この世でしなければいけないことがあると、


神様に命をこの世に残していただいていると考えています。


又、もちろん両親、親族、まわりの方々の支えやお力、

願い、祈りの力も、あったと感じます。


長野県から遠方の地、福島県でのことだったのに、

長野県、東京、甲府三重県からも
遠い所ご足労いただき、
お見舞いに来ていただいた方々の力もあります。

ありがとうございましたm(_ _)m

又、遠方の為来れなかった親族の方は、

ご祈祷に行って頂いていると聞いています。

感謝しかないです!!

 

今日偶然、聞く機会があったので知りましたが

即死でもおかしくない状況で集中治療室に入り

集中治療室にも段階があって、いつ何があってもおかしくない

1番ひどい症状の患者さんの処置の部屋で

最終処置の気管支切開をされたままで

いままでは2週間いたと

勘違いして聞いていたみたいで、

その部屋に3週間以上、約1か月程

集中治療室にいたみたいです。


意識が戻ったのが、約2週間後だったみたいです。

基本、集中治療室の、

その一番看護が必要な部屋からから

生きて一般病棟に行くのことが

あまりなく、一般病棟に移動できるだけでも、

めでたいコトでお祝いをしたみたいです。

 


3.現状

その事故で命と引き換えに、

障害を負ってしまっていますが

現状は、通常の方たちと

全く同じことを行っていて、

毎週テニスなど行い大会に参加し、

まだ優勝とまではいっていませんが、

それなりにまでになり、

毎年、最低1回ハーフマラソンに参加できるまで

回復?!していて、
(怪我の前はマラソンまではやってませんでした。)

さらにブログデビューまでもしております。

自分でも、まったく気にしておりません(笑)

 


現状はこんな感じですが、ここまでくる過程においては

けっして、自分だけでは来れませんでしたし

まわりの方々に支えられてのものです。

もちろん自分の中でも色々あり、

正直、言葉に表せなられないですが、大変でした。

 

 


4.自分の内面

さらに、ここから先のことは、

正直自分でも、ほぼ話しませんし


当時のお互いの状況を近くで見ていた、


友人たちも、家族も会っても、

その当時から話はいっさいしません。


また、一生自分の中にだけ、

潜めておこうと想っていました・・・


また、わざわざ人に話す話でもないと

想っていました。


いまでも、正直ここまで自分のブログで


自分の内面をさらけだしてしまっていいものか


わかりませんし、今でも迷っているのが

正直な気持ちです。

 

しかし、いつになっても、

恥をかいて、

自分の殻を破りながら


汗を掻いて、実行しつづける

コトで成長すること。


自分が亡くなるまでが人生の勉強で


人間の魂は成長するものだと


自分は思います。

 

生きている限り、いつからでも

何度でも自己実現のために

花をさかせたいと想います。


なので、正直な自分の気持ちを精一杯、

書き綴らせていただいています。

 

今、自分はひとりですが

たしかに、その事故が無ければ、

その当時の娘と

結婚していて確実に今の自分とは

また違った現実に生きていたと考えます。

 

 

その当時の娘には、自分の事で

本当に辛い想いをさせてしまってのことなので、


もし、生きている間に

もう一度逢える機会があれば、

「ありがとう」「ごめんね」の感謝とお詫びの言葉をかけたいと想っています。

相手は幸せになっていてくれているのが

せめてもの救いです。

 

結婚して子供もいるみたいなので、

自分も家庭を持ち子供を育てている同じ立場にならないと

逢えないし、顔を合わせる機会があれば、

又、当時のメンバーみんなで笑顔で逢いたいと想っています。

 


こういう事を書くと昔の未練を

引きづっていると思うと思いますが、

未練ではなく、自分と相手の数年でしたが、

当時を振り返ると充実した人生の時間を共有できていたので、

本当に感謝しかありません。

「本当にありがとう、キミよずっと幸せに」

「君は今もキミのままでいて下さい・・」


ーーー真実ーーー

終わったことをいくら考えても、

今まで生きて来た、

この世の誰もが時間を巻き戻して生きてはいません。

あくまで過去は参考程度にとどめて

今、この瞬間から

想い描く未来を見続けながら自分を生きます!

いまを変えていくことで、

未来も変わり

過去も書き換えられます。

 

それから、いろいろとありましたが・・・

それぞれ、色々おこる現実世界の

自分の道で、

「みんな幸せに・・・」

 

 
 
 
【これからの自分】
 

f:id:kingkazu121077:20170206001136j:plain

ここからは未来の話になります。
 
今の自分の将来の未来像は
 
また同じ様に人を愛し
 
自分を磨き結婚し家庭を持ち
 
自分達の家庭はもとより周りの方々たちとも、
 
一緒に幸せの共有ができ
 
二世帯住宅を建て
 
ふたりで一緒に2人以上の子供を育てて人間として
 
成長できる機会があると想っています。
 
 
 
そのためにも、現状を改善し
 
できるだけストレスフリーな現実をつかみ
 
自分の家庭を守るために、会社に頼らない生き方を構築します。
 
その想い描く未来をつかむために、
 
 
素敵な家庭を持たれている
 
メンターにつき活動を始め修行の身です。
 
必ず何があろうとも、人生を書き換える覚悟で臨んでいます。
 
 
 
こんな事想うのもエニアグラム、タイプ7の特徴、熱中する人、
 
ロマンチストなのだからでしょうね!(まわりの人は、ほぼ知らないはずです)
 
これから、成長してタイプ5に進んでいくと、
 
また違った形になってくるのかな?と思っています。
 
正直、生きていれば色んな事があるのは、承知しています。
 
ですが、事故当時から
 
「人生には必ず乗り越えられる人にしか壁は存在しない」と
 
マイケルジョーダンが言っていたと記憶していたので
(間違っていたらご指摘下さい)
 
勝手に自分なら必ず乗り越えられると思い込み
 
少しでも明るい未来を描き生きて行きたいと願っています。
 
 
できることは、今を変える努力を継続し
 
今の自分を超えていき
 
未来をかえていくしかありません。
 

f:id:kingkazu121077:20170206001203p:plain

自分は熱中してやり過ぎる悪い癖があるので、
 
何事も中庸(バランスを取りながら)で物事を行っていきます。
 
これも、エニアグラムタイプ7の熱中する人に当てはまります。
 
 
 
 
そして、イメージする未来の自分から振り返ってみて
 
あのことがあって、あのときの行動、努力が今の自分になっているんだと
 
想えるような、今の過ごし方をしていくしかありません。
 
 
 
そして、事故当時のお世話になった方々、支えてくれたまわりの方々
 
に対して、また笑顔で会えるように今を生きるしかありません。
 
 
 
みんなそれぞれに、幸せに生きていって欲しいですし、
 
もちろん自分も思い描く未来を掴んでいます。
 
正直、今現在は、事故以前の自分より良くなっていると自覚も多少あります(笑)。
 
 

f:id:kingkazu121077:20170206001227j:plain

ひと昔前では、インターネットなどは普及しておらず、
 
ここまで個人が検索、情報発信することなどできませんでした。
 
なので、この時代に生きていることに感謝ですね!
 
また、この世界、時代に生きている自分がついていると思えますね!
 
 
 
最後までお付き合いいただき感謝いたします。

日々、自己ベストで進化、成長の毎日です!(^^)!

誰もが、時間は巻き戻せません!

今から、皆様で一緒により豊かな時間を過ごしましょう!!! 
Kazuhiro Nishimura (西村 和裕)